糖尿病 予防

糖尿病の診断基準とは

糖尿病の診断基準とは

糖尿病を診断するときの基準とは、どういうものでしょうか?

 

 

糖尿病を診断するときには、血液検査をしてそのデータをチェックします。

 

チェックで異常が検出されると、糖尿病だと診断されますが、治療をしないと、どんどん症状が悪化してしまう怖い病気なんです。

 

では、どれくらいの基準で、糖尿病だと判断されるのでしょう。

@空腹時血糖値:126mg/dl以上
A通常時血糖値:200mg/dl以上
B75グラムのブドウ糖摂取2時間後血糖値:200以上
CヘモグロビンA1c:6.5%以上(以前は6.1%だったが改定された)

に適合すると、糖尿病の疑いがあります。

 

◆@orAorBとCの場合
:糖尿病です。

 

◆@+A+Bと口や喉の渇きや多尿症状がある場合
:糖尿病です

 

◆@+A+Bがあるが、糖尿病の症状がない場合
:再検査で再度血液データに異常が見られると、糖尿病と診断されます。

 

◆Cのみ
:1か月以内に再検査をし、@〜Bの項目が該当した場合には、糖尿病と診断されます。

 

◆いずれか一つに該当した場合
:糖尿病の可能性が疑われるため、半年後に再検査を要します。


ホーム RSS購読 サイトマップ